What is Bitcoin?

全ての国は自身の通貨を持っています。エストニアとユーロ圏はユーロを、ロシアはルーブル、そしてアメリカは米ドルを持っています。私達は銀行もしくは専用の外貨交換所でお金を両替し、ワールドワイドに移動させ、そして投資します。私達の技術革新の時代では、全ての金銭取引がインターネットを通じて行われないなら、多くの場合は安全と言えます。

Bitcoinのようなオンライン通貨が出現したことは当時、大きな驚きだったか?BitCoinの価値の急騰によって、その関心は2013年の終わりにかけて成長しましたが、始まりからご説明しましょう。2009年、正体不明のプログラマ、中本哲史は暗号通貨という、新しいデジタル通貨の形の作成を提案したホワイトペーパーを公開しました。暗号通貨は両替の手段として、計算の単位として、そして価値の保存としての通常のの通貨と同じように機能します。暗号通貨にはまるで他の資源のように、その需要があり、それに続く市場価格が存在します。最も大きな違いはビットコインは触れることが出来なことです。つまり、銀行が発行する調書や紙幣が存在せず、手から手による交換よりも。ビットコインは分散化されたP2Pネットワーク上にデジタルに保管されます。

BitCoinはどんな仕組み?

伝統的なお金では、資金をあるアカウントから別のアカウントへ転送するには中継期間もしくは中間業者を必要とします。たとえ手から手による現金の取引であっても、そのお金の発行、価値、会計ポリシーは信頼された機関(銀行や、政府機関、あるいは政府自身など)によって中央集権的に制御されています。Bitcoinはそれとは異なり、中央の支配の信頼よりもコンピュータ科学と暗号学から参加者同士の信頼を生み出すため、取引に際して中間業者を必要としません。これはまた、Bitcoinは送信者から受信者へ直接受け渡され、まったく中継されないことを意味します。

注目すべきキーポイントは中央の発行が存在したいために、暗号通貨は「採掘 (マイニング)」とよばる受け渡しを手助けする方法によって作成される点です。このプロセスは暗号学的関数を解くために必要な大量の計算を高速に行うため、非常にパワフルな計算機が必要になります。

現実では、採掘のプロセスは非常に技術的で複雑です。その複雑さにも関わらず、Bitcoinがオープンソースな性質であるため、レビューのためのプロセスは透明でオープンです。

Bitcoinの長所と短所は?

Bitcoinは初の分散化された、コントロールされていない通貨です。中央組織が新しい通貨単位を発行するプロセスを保有するようになってから、新しい紙幣は一定で、所定のレートで作成されます。多くの政府発行の通貨とは異なり、これはBitcoinがインフレーションの影響を受けないことを意味し、そして実際にBitcoinはデフレーション気味の通貨です。Bitcoinはまた「透明な匿名性」というユニークな性質があります。「透明な匿名性」とは、全ての取引とウォレットがブロックチェーンを通じて公開されているにも関わらず、取引中の全ての参加者はただ唯一、Bitcoinのウォレットアドレスのみで識別される事を意味しています。何千ものアドレスが1日に生成されています。これは、ユーサーが自身の情報とBitcoinのアドレスをどこかへ登録するまで(例えば、Bitcoinの両替など)秘匿性が保たれることを意味します。Bitcoinはユニークな構成でまた、ユーザーの全体像から他の力を創造します。Bitcoinのデジタルな性質はそれ自身を高度に分割し、中央機関が存在しないことは取引手数料がゼロに近い事を確かにします。

Bitcoinのデジタルな性質と中央権力の不存在はBitcoinの弱点でもあります。例えば、失われたビットコインは復活できません。 (つまり、もしプライベートキーを失ったり、財布があるハードドライブが壊れたり、あるいはもし、ビットコインの財布のマスターキーを忘れてしまった場合、それらのビットコインは永久に失われることになります。2009年のあるイギリス人の例を見てみましょう。彼は7500個のビットコインを含むハードドライブを捨ててしまいました。2013年、Bitcoinの価格は1200ドル相当になりましたが、この事は、825万ドルが保存されたハードドライブを投げ捨てる事と同義でした!このような話は何千ものBitcoinを採掘している早期のマイナーにとっては珍しい話ではありません。Bitcoinは今日の「貧弱な」交換レートであっても、小さな富をもたらす可能性があるのです。

つまり、Bitcoinって何?

BitcoinはP2Pの決済システムです。そのユニークな性質は多くの支持者と反対者を惹きつけます。

Bitcoinがインターネットの為の唯一の決済システムとなるかどうかについて知ることは不可能ですが、しかし、今の所はそれに関して十分に大きな関心と需要があります。Bitcoinの経済はいまだに初期段階であり、そして既に多くの投資家とこの先進的なテクノロジーがもたらす可能性に魅了された人々がいます。

政府はBitcoinを発行できないが、利用を禁止することが出来るという法律上の不確実さ、不安定な交換レート、そして(急速に成長しているにも関わらず)あまり広まっていないことから、Bitcoinの未来は現在の所、不透明です。しかし、Bitcoinとテクノロジーに詳しい人々はよくBitcoinの置かれている立場と1990年から2000年代のインターネットの黎明期がの類似性に注目します。インターネットが90年代初頭に初めて出現した時、多くのエキスパートはインターネットが世界にもたらすインパクトを過小評価していました。Bitcoinが同じパターンをたどることはよく予想されます。そのときまで、現在の利用者はこの真に革新的なアイディアを抱きしめ、そしてグローバルBitcoin経済の確立に貢献しています。