クラウドマイニングって何?

クラウド(あるいはリモート)マイニングとは、遠隔でBitcoinやライトコインなどの暗号通貨のマイニングを行うためのハードウェアを利用する事です。このモデルは採掘の難易度の上昇が家でマイニングを行なっている採掘者の利益が上がらなくなってきているために生まれました。

クラウドマイニングは膨大な初期投資や技術知識なしで暗号通貨を採掘できるユニークな機会を人々に与えます。クラウドマイニングの単純さに関わらず、クラウドマイニングは少し詳しく話す価値があります。特に、リモートマイニングはホステッドとクラウドベースのマイニングの2つがある事は重要なポイントです。

リモート・ホステッド・マイニング

初めのリモートマイニングのやり方はリモートホスティングです。このモデルは高度な採掘経験と、マイニングハードウェアに対して高レベルな制御を必要としているユーザーにはうってつけです。このモデルのもとでは、マイニングハードウェアは遠隔のデータセンタに保管され、ユーザーはマイニングハードウェアのセットアップと設定に関して全てコントロールする事が前提となります。更に、マイナーはホスティング会社に対して電気代とメンテナンスのための費用を支払います。これはハードウェアの運搬に掛かるリスクに対処することと同じように、メンテナンスに関するリスクに対処する事を助けます。また一方で、マイナーにはハードウェアの初期投資のリスクと計画を成功させる為の技術的な能力が要求されます。

よって、リモートホストされた採掘は採掘の過程、メンテナンスサポート、そしてそれにつづくハードウェアの所有権を通じた非常に綿密な制御であると言えます。大きな障害は高価なハードウェアの調達と、参入のための膨大なコストの、投資条件と技術経験の両方です。

クラウドマイニング

次に、リモートマイニングのより便利なモデルがクラウドマインニングで、これはマイナーがクラウドマイニングサービス・プロバイダがホスト・所有するハードウェアのマイニングパワーの一部を購入する方法です。サービスプロバイダーはハードウェアの設定、メンテナンス、そして最も効果的で信頼できるプールを選択します。

このオプションは様々な利点をもたらします。例えば、すぐに接続され(つまり、ハードウェア出荷を待つ事もなければ運搬リスクもなく)、メンテナンス代と電気代は定額で、ノイズ、熱、あるいは場所といった家でマイニングするような厄介な事に悩まされることもありません。ほかのキーポイントはこのクラウドマイニングのモデルは技術経験を必要としない点です。勿論、採掘者が採掘の過程を理解していることは非常に重要ですが、しかし、このモデルはハードウェアの経験や膨大な設定/実装コストを必要としません。これは、お客様が望むだけのマイニング能力を購入できるようになってから、投資の障壁は単に採掘者の熱意によるもののみとなる事を意味します。つまり、導入のためのコストとその後のリスクは遠隔にホストされたモデルよりもずっと低いです。

HashFlareは新しいクラウドサービス分野を提供する事を嬉しく思います。私達は、インスタント接続、無休のアクセスと監視、便利な管理インターフェイス、24時間の稼働を、日々の支払いと同じように提供します。

クラウドマイニングはホストされた、あるいは家で採掘をしたくない熟練した採掘者はもちろん、暗号通貨を稼ぐことを、そして採掘を試してみたい、初心者にぴったりです。